法律などの理論を繰り返し解いて学ぶ

このページの使い方

簿記1級で使われる法律などを繰り返し学習できたら、と作りました。

各ページで、空欄(    )に対して、「答えはこちら」という所をクリックしてもらえれば、答えが出るようになってます。

クリックすると、

答えが出ます。

繰り返し問題を解いて、基本的な考えをマスターしたいですね。

理論問題リスト(クリックすると問題文へ)

企業会計原則ー

財務諸表等規則ー

原価計算基準ー

工事契約に関する会計基準ー

外貨建取引等会計処理基準

企業結合に関する会計基準ー

収益認識基準に関する会計基準ー

理論を学ぶ

理論問題-財務諸表等規則(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則)-8

<<--前の問題へ (税効果会計の適用) 第八条の十一 法人税その他利益に関連する金額を課税標準として課される租税については、税効果会計(貸借対照表に計上されている資産及び負債の金額と課税所得の計算の結果算...
理論を学ぶ

理論問題-収益認識基準に関する会計基準-3(収益の認識基準ー契約の識別)

<<–前の問題へ 2.収益の認識基準 (1)契約の識別 19. 本会計基準を適用するにあたっては、次の(1)から(5)の要件のすべてを満たす顧客との契約を識別する。 (1) 当事者が、書面、口頭、取引慣行等により契約を承認...
理論を学ぶ

理論問題-収益認識基準に関する会計基準-2(5つの基本原則)

<<–前の問題へ (企業会計基準委員会 公表資料から一部引用) Ⅲ.会計処理 1.基本となる原則 16. 本会計基準の基本となる原則は、約束した財又はサービスの顧客への移転を当該財又はサービスと...
2021.03.03
スポンサーリンク
理論を学ぶ

理論問題-収益認識基準に関する会計基準-1(基準の範囲、用語の定義)

(企業会計基準委員会 公表資料から一部引用) 目 的 1.本会計基準は、本会計基準の範囲に定める収益に関する会計処理及び開示について定めることを目的とする。なお、本会計基準の範囲に定める収益に関する会計処理及び開示につ...
2021.02.21
理論を学ぶ

理論問題-財務諸表等規則(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則)-7

<<–前の問題へ (デリバティブ取引に関する注記) 第八条の八 第八条の六の二に定める事項のほか、デリバティブ取引については、次の各号に掲げる取引の区分に応じ、当該各号に定める事項を注記しなければならない。...
2021.05.03
理論を学ぶ

理論問題-財務諸表等規則(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則)-6

<<–前の問題へ (金融商品に関する注記) 第八条の六の二 金融商品については、次の各号に掲げる事項を注記しなければならない。 ただし、(    )ものについては、注記を省略することができる。 ...
2021.05.03
理論を学ぶ

理論問題-財務諸表等規則(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則)-5

<<--前の問題へ (重要な会計方針の記載)第八条の二 財務諸表作成のために採用している会計処理の原則及び手続並びに表示方法その他財務諸表作成のための基本となる事項で次の各号に掲げる事項は、キャッシュ・フロー計算書...
2021.07.30
理論を学ぶ

理論問題-財務諸表等規則(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則)-4

<<--前の問題へ 15 この規則において「連結財務諸表」とは、連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則第一条に規定する連結財務諸表をいう。 16 この規則において「持分法」とは、連結財務諸表規則第二条第八号に規定...
2021.06.19
理論を学ぶ

理論問題-企業結合に関する会計基準-6(共通支配、吸収合併など)

<<–前の問題へ 共通支配下の取引等に係る注記事項 52. 企業結合年度において、共通支配下の取引等に係る重要な取引がある場合には、次の事項を注記する。なお、個々の共通支配下の取引等については重要性が乏しいが、企業結合年度...
2021.02.23
理論を学ぶ

理論問題-企業結合に関する会計基準-5(注記事項)

注記事項取得とされた企業結合の注記事項 49. 企業結合年度において、取得とされた企業結合に係る重要な取引がある場合には、次の事項を注記する。 なお、個々の企業結合については重要性は乏しいが、企業結合年度における複数の企業結合全体について...
2021.02.22
理論を学ぶ

理論問題-企業結合に関する会計基準-4(共同支配、非株主など)

共同支配企業の形成の会計処理 共同支配企業の形成の判定 37. ある企業結合を共同支配企業の形成と判定するためには、共同支配投資企業となる企業が、複数の独立した企業から構成されていること及び共同支配となる契約等を締結していることに加え、次の...
2021.02.22
理論を学ぶ

理論問題-企業結合に関する会計基準-3(取得費用、のれん処理など)

取得関連費用の会計処理 26. 取得関連費用(外部のアドバイザー等に支払った特定の報酬・手数料等)は、発生した事業年度の(        )として処理する。 答はこちら 費用 条件付取得対価の会計処理 27. 条件付取得対価の会計処...
2021.02.23
理論を学ぶ

理論問題-企業結合に関する会計基準-2(取得、株式交換など)

取得の会計処理 17. 共同支配企業の形成及び共通支配下の取引以外の企業結合は取得となる。また、この場合における会計処理は、次項から第 36 項による(以下、次項から第 33 項による会計処理を「(            )」という) 答...
2021.02.22
理論を学ぶ

理論問題-企業結合に関する会計基準-1(用語の定義)

用語の定義 4. 「企業」とは、会社及び会社に準ずる事業体をいい、会社、組合その他これらに準ずる事業体を指す。 5. 「企業結合」とは、ある企業又はある企業を構成する事業と他の企業又は他の企業を構成する事業とが (      )に統合さ...
2021.02.22
理論を学ぶ

理論問題-原価計算基準-8(原価差異について)

四三 標準原価の指示 標準原価は、一定の文書に表示されて原価発生について責任をもつ各部署に指示されるとともに、この種の文書は、標準原価会計機構における補助記録となる。 標準原価を指示する文書の種類、記載事項および様式は、経営の特質によって...
2021.02.22
理論を学ぶ

理論問題-原価計算基準-7(標準原価計算について)

第三章 標準原価の計算 四〇 標準原価算定の目的 標準原価算定の目的としては、おおむね次のものをあげることができる。 (一) 原価管理を効果的にするための原価の標準として(        )を設定する。これは標準原価を設定する最も重要な目的...
2021.02.22
理論を学ぶ

理論問題-原価計算基準-6(販売費一般管理費について)

三四 加工費の配賦 個別原価計算において、労働が機械作業と密接に結合して総合的な作業となり、そのため製品に賦課すべき直接労務費と製造間接費とを分離することが困難な場合その他必要ある場合には、加工費について部門別計算を行ない、部門加工費を各指...
2021.02.22
理論を学ぶ

理論問題-工事契約に関する会計基準-2(進行基準、完成基準)

工事進行基準の会計処理 (工事進行基準の適用による工事収益及び工事原価の計上) 14. 工事進行基準を適用する場合には、工事収益総額、工事原価総額及び(      )を合理的に見積り、これに応じて当期の工事収益及び工事原価を損益計算書に計上...
2021.02.23
理論を学ぶ

理論問題-工事契約に関する会計基準-1

(前部分略) 4. 本会計基準は、工事契約に関して、施工者における工事収益及び工事原価の会計処理並びに開示に適用される。 本会計基準において「工事契約」とは、仕事の完成に対して対価が支払われる請負契約のうち、土木、建築、造船や一定の機械装置...
2021.07.30
理論を学ぶ

理論問題-原価計算基準-5(仕損および減損、直接原価計算について)

二五 工程別総合原価計算 総合原価計算において、製造工程が二以上の連続する工程に分けられ、工程ごとにその工程製品の総合原価を計算する場合(この方法を「工程別総合原価計算」という。)には、一工程から次工程へ振り替えられた工程製品の総合原価を、...
2021.02.22
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました