理論問題-企業結合に関する会計基準-1(用語の定義)

用語の定義

4. 「企業」とは、会社及び会社に準ずる事業体をいい、会社、組合その他これらに準ずる事業体を指す。

5. 「企業結合」とは、ある企業又はある企業を構成する事業と他の企業又は他の企業を構成する事業とが (      )に統合されることをいう。なお、複数の取引が 1 つの企業結合を構成している場合には、それらを一体として取り扱う。

答はこちら

1 つの報告単位

6. 「事業」とは、企業活動を行うために組織化され、有機的一体として機能する経営資源をいう。

7. 「支配」とは、ある企業又は企業を構成する事業の活動から便益を享受するために、その企業又は(     )及び(     )を左右する能力を有していることをいう。

答はこちら

事業の財務、経営方針

8. 「共同支配」とは、複数の独立した企業が契約等に基づき、ある企業を共同で支配することをいう。

9. 「取得」とは、ある企業が他の企業又は企業を構成する事業に対する(     )を獲得することをいう。

答はこちら

支配

10. 「取得企業」とは、ある企業又は企業を構成する事業を取得する企業をいい、当該取得される企業を「被取得企業」という。

11. 「共同支配企業」とは、複数の独立した企業により共同で支配される企業をいい、「共同支配企業の形成」とは、複数の独立した企業が契約等に基づき、当該共同支配企業を形成する企業結合をいう。

12. 「共同支配投資企業」とは、共同支配企業を共同で支配する企業をいう。

13. 「結合当事企業」とは、企業結合に係る企業をいい、このうち、他の企業又は他の企業を構成する事業を受け入れて対価を支払う企業を「結合企業」、当該他の企業を「被結合企業」という。また、企業結合によって統合された 1 つの報告単位となる企業を「結合後企業」という。

14. 「時価」とは、(       )をいう。通常、それは観察可能な市場価格をいい、市場価格が観察できない場合には、合理的に算定された価額をいう。

答はこちら

公正な評価額

15. 「企業結合日」とは、被取得企業若しくは取得した事業に対する支配が(      )した日、又は結合当事企業の事業のすべて若しくは事実上すべてが統合された日をいい、企業結合日の属する事業年度を「企業結合年度」という。

答はこちら

取得企業に移転

16. 「(            )」とは、結合当事企業(又は事業)のすべてが、企業結合の前後で同一の株主により最終的に支配され、かつ、その支配が一時的ではない場合の企業結合をいう。親会社と子会社の合併及び子会社同士の合併は、(    前の()と同じ単語が入ります       )に含まれる。

答はこちら

共通支配下の取引

コメント

タイトルとURLをコピーしました