無形固定資産を償却する際の仕訳

問題 <無形固定資産を償却する際の仕訳>

決算につき、当期首に取得した特許権1,600円を8年で償却する。

<答え>
貸 方金 額借 方金 額
特許権償却200特許権200

決算時の無形固定資産の償却は、残存価額がゼロの定額法で償却し、直接法で処理します

償却期間は問題文に指示があります。(のれんは最長償却期間20 年など、資産の種類によって償却期間は異なります。このあたりは税法の関係で、実務上の処理は会社によって若干異なりますが、問題文通りに処理すれば試験はOKです)

あわせて読みたい!

書類選考の通過率は90%以上の転職エージェント

私も転職活動で感じましたが、書類選考に落ちるの、けっこうしんどいですよね。

転職エージェントのは、ひとりひとりの経歴をしっかりヒヤリングし、書類選考に受かる書類作成をサポートしてくれます!結果、書類選考の通過率は90%以上。

このNO-LIMITは、上場企業の株式会社アシロが運営する会計士専門の転職エージェントとして有名ですが、経理専門の転職エージェントでもあります

会計士専門と聞くとハードワークなイメージですが、

  • 「ワークラフバランスの実現など希望の転職が叶う」
  • 「経理・財務のテレワーク求人多数」

とPRしていることもあり、本人の希望に沿った求人をしっかり選んでくれます。 

ネット・TVなどの広告もほとんど見ないサービスし、求職者のライバルも少ないと思うので、早く登録しておきたい1社です。

\ 会計士でなくても経理経験者ならOK! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

簿記2級を取得し、現在簿記1級を勉強中。
学んだことを忘れないようにここでまとめてます。
普段は、会社で経理をしながら、経理・簿記関係の情報を発信。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
目次
閉じる