繰延資産の償却の仕訳~償却期間、勘定科目について~

スポンサーリンク
問題 <繰延資産の償却の仕訳 >

3年3月31日 決算時、2年6月1日に支払った株式交付費720円を定額法(3年間)で月割償却する。

<答え>
貸 方金 額借 方金 額
株式交付費償却200株式交付費200

建物などの減価償却と同様に、月数を計算する必要があります。

上の例なら 720 ÷ 36か月 x 10か月  = 200 となります。

スポンサーリンク

繰延資産の償却期間について

償却期間については、創立費、開業費、開発費は5年以内、株式交付費は3年以内、社債発行費は社債の償還期限内と期限が定められています。

これは問題文にないケースもあるので覚えた方がいいです。

スポンサーリンク

繰延資産の償却の勘定科目について

勘定科目としては、開発費償却は販売費及び一般管理費ですが、それ以外は営業外費用が多いです(多いというのは、開発費・開業費については、その線引きがケースバイケースになるので、解答用紙のマス目の数などの状況で判断するなどになりますね、、、)

コメント

タイトルとURLをコピーしました