無形固定資産の取得時の仕訳~無形固定資産に該当するもの・しないもの~

スポンサーリンク
問題 <無形固定資産の取得時の仕訳 >

特許権を1,600円で、現金で取得した。

<答え>
貸 方金 額借 方金 額
特許権1,600現金1,600

特許権、商標権などは、建物のような形はないけれども、将来にわたって効果をもたらす資産を無形固定資産といいます。

無形固定資産の例

特許権・・・新たな発明を独占的に利用できる権利

商標権・・・文字などの商標を独占的に利用できる権利

のれん・・・合併や買収で取得したノウハウなどで他社に対して優位になるもの

権利以外にもソフトウエアなど形がないものも無形固定資産です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました