固定資産の減失の会計処理(火災など)

問題<固定資産の減失の会計処理>

建物(取得原価1,400円、減価償却累計額900円)が火災により焼失した。この建物には700円の保険が掛けられていたため、保険金を請求していたところ、保険金700円を支払と連絡を受けた。

<答え>

<減失時の仕訳>

貸 方金 額借 方金 額
建物減価償却累計額900建物1,400
火災未決算500

<保険金確定時の仕訳>

貸 方金 額借 方金 額
未収金700火災未決算500
保険差益200

保険を掛けているかどうかで処理が異な ります。このパターンでは火災保険を掛けているので、保険会社から保険の連絡があるまでは、損失額は確定しません。

まず、滅失したときには、有形固定の帳簿価額(取得原価 – 減価償却累計額)を火災未決算の仮勘定で処理しておきます。

保険会社からの連絡で、支払われる保険金額が確定したら未収金で処理し、火災未決算を減らします。
なお、保険金額と火災未決算との差額は火災損失または保険差益で処理します。


保険を掛けていない場合は、火災が発生した時点で損失額が確定します。仕訳は以下の様になります。

貸 方金 額借 方金 額
建物減価償却累計額900建物1,400
火災損失500

あわせて読みたい!

書類選考の通過率は90%以上の転職エージェント

私も転職活動で感じましたが、書類選考に落ちるの、けっこうしんどいですよね。

転職エージェントのは、ひとりひとりの経歴をしっかりヒヤリングし、書類選考に受かる書類作成をサポートしてくれます!結果、書類選考の通過率は90%以上。

このNO-LIMITは、上場企業の株式会社アシロが運営する会計士専門の転職エージェントとして有名ですが、経理専門の転職エージェントでもあります

会計士専門と聞くとハードワークなイメージですが、

  • 「ワークラフバランスの実現など希望の転職が叶う」
  • 「経理・財務のテレワーク求人多数」

とPRしていることもあり、本人の希望に沿った求人をしっかり選んでくれます。 

ネット・TVなどの広告もほとんど見ないサービスし、求職者のライバルも少ないと思うので、早く登録しておきたい1社です。

\ 会計士でなくても経理経験者ならOK! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

簿記2級を取得し、現在簿記1級を勉強中。
学んだことを忘れないようにここでまとめてます。
普段は、会社で経理をしながら、経理・簿記関係の情報を発信。
Twitterもやってますので良かったらフォローお願いします。

目次へ戻る
目次
閉じる