退職給付債務(退職給付引当金)の計算方法②~勤務費用と利息費用~

スポンサーリンク
問題 <退職給付債務(退職給付引当金)の計算方法②~勤務費用と利息費用~ >

次の資料にもとづき、当期末の退職給付債務(退職給付引当金)の仕訳をしなさい。
[ 資料]

1.大田君は当期末まで7年勤務している。

2.大田君の退職までの全勤務期間は10年であり、退職予定時の退職給付見込額は1,000円である。

3.割引率は5%であり、端数が生じる場合には円未満を四捨五入。年金資産等はない。

4.当期首における退職給付債務(割引計算後)は 494円である。

<-前の「退職給付債務の計算方法①~退職給付債務~」はこちら

<答え>
貸 方金 額借 方金 額
退職給付費用111退職給付引当金111

前問の1年後の今回も、退職給付見込額の1,000円は、退職時までの10年間の金額です。このうち当期末までの7年分についてはすでに発生し、支払義務が生じます。

つまり、 退職給付見込額1,000円 x 7年 ÷ 10年 =700円となります。この700円は将来の支払額なので、この金額の割引現在価値が当期末までの退職給付債務となります。

割引現在価値は3年分を計算するので、

当期末までの退職給付債務 =

700円 ÷ (1+5%)3 ≒ 605円 となります。

当期首の退職給付債務が494円で、当期末の退職給付債務が605円なので、当期繰入額は、605円ー494円=111円となります。

スポンサーリンク

退職給付債務の期首と期末の差額は勤務費用と利息費用。

当期繰入額は、期首期末の差額、605円ー494円=111円ですが、これは、勤務費用と利息費用の合計額となります。

勤務費用とは

勤務費用とは1年間の勤務した分の現在価値であり、上の例題では、

1,000円 ÷ 10年 =100

100 ÷  (1+5%)3 ≒ 87円 となります。

利息費用とは

期首の退職給付債務の利息分です。

つまり、

494 x 5% ≒ 24円となります。

勤務費用(87円) + 利息費用(24円) = 111円 となり、退職給付債務の増加額と一致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました