修繕引当金の仕訳~誤謬の訂正も含めて~

スポンサーリンク
問題 <修繕引当金の計上の仕訳>

決算にあたり、修繕引当金の繰入額 50円を計上する。

<答え>
貸 方金 額借 方金 額
修繕引当金繰入額50修繕引当金50

毎年行うはずの修理・修繕などを行わなかったため翌期へ繰り越すための勘定科目が「修繕引当金」です。

この繰入額は、販売費及び一般管理費で処理します。

スポンサーリンク

修繕引当金を取り崩す(使う際)の仕訳

計上している修繕引当金(負債)を取り崩します。また、修繕引当金で足りない分は、修繕費(販売費及び一般管理費)として当期の費用として処理します。

例えば、修繕に80円かかって現金で支払うと次の処理となります。

貸 方金 額借 方金 額
修繕引当金50現金80
修繕費30
スポンサーリンク

見積金額が計上時のミスの場合(誤謬の訂正)

引当金の見積額と実際の額(取崩額)とに差額が生じた場合、その差額の原因が計上時の見積誤り(誤謬の訂正)ならば財務諸表を修正再表示し、その差額の原因が当期中の状況の変化(会計上の見積りの変更)ならば、見積りを変更した期間から変更後の見積りによって処理します。

もし上のケースが見積計上時のミスであれば、下の処理となります。

(つまり、当期以前の損益である繰越利益剰余金を直接調整します。)

貸 方金 額借 方金 額
修繕引当金50現金80
繰越利益剰余金30

コメント

タイトルとURLをコピーしました