裏書手形で支払いを終えた時の仕訳処理

スポンサーリンク
問題 <裏書手形で支払いを終えた時の仕訳処理 >

「東京(株)は、大阪(株)から商品200円を仕入れ、代金は名古屋(株)から受け取っていた約束手形を裏書譲渡した。なお、保証債務の時価は額面の1%である。

<答え>
貸 方金 額借 方金 額
仕入200受取手形200
保証債務費用保証債務

もっている手形を満期日前に、第三者へ渡すことを手形の裏書き(裏書譲渡)といいます。

約束手形は、手形を振り出した人(名古屋㈱)が支払わなければなりませんが、もし満期日になって (名古屋(株)が)手形代金を支払わなかった場合、手形を裏書きした人(東京(株)がその手形の代金を支払わなければなりません。

この、支払義務者(名古屋(株))が支払えないときに、東京㈱に生じる支払義務を保証債務といいます。

そして、手形を裏書譲渡したときには、その保証債務に備えた処理をします。

スポンサーリンク

手形の決済が終わった時には、、

決済が終わった際は下の様に反対仕訳をして取り消します。

貸 方金 額借 方金 額
保証債務保証債務費用

コメント

タイトルとURLをコピーしました