試用販売①の仕訳・会計処理方法について

スポンサーリンク
問題 <試用販売>

次の一連の取引の仕訳をしなさい。なお、売上原価の算定は販売の都度行う。

(1) 商品120円を仕入れ、代金は掛けとした。

(2) 商品50円(売価60円)を試用してもらうため顧客へ発送した。

(3)顧客から試用のため発送した商品10円(売価12円)が返品された。

(4)顧客から試用のため発送した商品40円(売価48円)を買い取りすると連絡があった。

<答え>
 貸 方金 額借 方金 額
(1)仕入120買掛金120
(2)試用品50仕入50
(3)仕入10試用品10
(4)売掛金48試用品売上48
 仕入40試用品40

おためしの後、良ければ買ってもらう形の商売を試用販売といいます。

試用販売の経理処理は「対象勘定法」と「手許商品区分法」の二通りあります。

「対象勘定法」は「試用販売契約」「試用仮売上」などの仮の科目を使い、売上が確定した時に振替える方法です。

対して、「手許商品区分法」は文字通り、てもとにある商品かどうかを区分します。試験では、この「手許商品区分法」がよくでるので、この方法を説明します。

なお、「手許商品区分法」は、販売の度に試用品を仕入勘定に入れる「その都度法」と期末にまとめて処理する「期末一括法」があります。

試用品販売では、商品の管理が仕訳でも大切となります。「商品」を「試用品」に切り替えます。

でも、商品を送っただけでは売上計上しません。

では、いつ売上を計上するのかは「お客の買取意思の連絡があった時」です。注意してくださいね。

<まとめ>

試用販売では、てもとにない商品はを「試用品」勘定で処理する。
売上計上は「お客の買取意思の連絡があった時」

理論ポイント

理論は「企業会計原則」となります。

理論問題はこちらの「企業会計原則」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました