役務収益、役務費用①の仕訳・会計処理方法について

スポンサーリンク
問題 <役務収益、費用>

次の一連の取引について仕訳しなさい。

(1)3月から開講する講座の受講料を200円現金で受け取った。

(2)3月から開講予定の講座の教材発注費等120円を現金で支払った。全額について仕掛品勘定で処理する。

(3)決算日を迎え、講座の4割が終了している。 なお、 プログラムの終了した部分について収益を計上する方法を採用している。

 <答え>
 貸 方金 額借 方金 額
(1)現金200前受金200
(2)仕掛品120現金120
(3)前受金80役務収益80
 役務原価48仕掛品48

役務収益と役務費用について、つまり、サービス業でよくある処理については追加されてまだ10年も経っていない項目ということで、 おさらいも含めて書いていきます。

また。実際、サービス業の処理としては基本的なスタイルとなるので、実務的にもよく使われると思うので、覚えていて損はないと思います。

まず、代金を前受した時は前受金で処理します。

費用を支払ったときはその費用を仕掛品(資産勘定)で処理します。

収益の計上については、 大きく分けて2通りあります。 

1.プログラムの進捗度に合わせて収益を計上する方法——->4割終了していたら収益の4割を計上し、 費用の4割を計上する形です。

(上の例では、役務収益 = 200 x 40%、役務原価 = 200x 40%、という感じですね)

2.プログラムが終了したときにすべての収益と費用を計上する方法です。

どちらも、工事契約の工事進行基準や工事完成基準に、似てますね。

<まとめ>
代金を前受時は前受金、費用は、仕掛品(資産)で処理。
役務収益、役務費用の計上は、進捗度に合わせる、完了時一括の2通りある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました